長谷見誠先生 苦い思い出のステージ

こんにちは、ミヤザワフルート教室です♪



ミヤザワフルートアトリエ東京では、フルートのレッスンも行っています。

その名も、、

ミヤザワフルート教室♪



今日は月曜担当の長谷見誠先生に悪い意味で一番印象に残っているステージ(失敗談)を聞いてみました。

 

こんにちは。フルートの長谷見 誠です。

前回、「一番印象に残っている本番」というテーマを頂きましたが、今回はその逆!

「悪い意味で印象に残ってる本番」 ……。 スゴイこと聞きますね(笑)
修羅場は何度も経験しましたが、本番自体はどれもいい思い出ばかりです。
「演奏会」というものを計画から当日を迎えるにおいて、実に長い日々がありますよね。
色々あったけれど、いいコンサートが出来て本当に良かった! と振り返られる経験をお持ちの方も多いのではないのでしょうか。
これも本番の醍醐味なんだといつも感じています。
修羅場といえば、本番でよくあるハプニングの一つに、道具の破損があります。
楽器の扱いには最も気を付けるべきことですが、車の運転と一緒で思わぬ事故に遭うこともあるでしょう。
私は楽器ケースに入れているもので、クリーンペーパー、キーオイルはもちろんですが、
セロテープ、小型のソーイングセット、マイナスドライバーを常備しています。
楽器の修理は専門家に任せるべきですが、応急処置で意外なものが役立ってくれたりします。
セロテープは楽譜の急な製本にも使えますし、ソーイングセットは衣装がほつれた場合など非常に助かります。
自分自身はもちろんですが、本番で誰か困っている人に遭遇した時にもきっと役立てることでしょう。 
但し、ソーイングセットについては、くれぐれも飛行機のセキュリティー等には気を付けてくださいね。
危機を乗り越え、全力で本番に挑めれば、きっとどれも印象深い素敵な本番になりますよね。
長谷見 誠
女子力高いですね(^^)♪
ミヤザワフルート教室は、通いやすい池袋にあります。
池袋駅より徒歩約6分です。
リペアマン常駐なので楽器の不具合にもすぐに対応します。
レッスン回数は月1回から選べます。
フルート習ってみたいと思ってるんだけど、、
通いやすい池袋で探してるんだけど、、
楽器の調整もすぐできる所が良いんだけど、、
仕事の都合で毎週は通えないんだけど、、
やさしくしっかり教えてくれる男性の先生が良いんだけど、、
まずは長谷見先生の体験レッスンをお申し込みください♪

↓レッスン詳細はコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp/afterservice/lesson/
まずは無料体験レッスンで、長谷見先生のレッスンを体験しましょう!
ご予約、お待ちしています♪
↓ミヤザワフルートのHPはコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp

 

JUGEMテーマ:趣味のフルート