楽器を送るときって…

こんにちは、ミヤザワフルートアトリエ東京です!
定期演奏会も終わり、新入生も入って、楽器の調子はいかがですか?
フルートコンクール前に調整に出したい!
フルートでも池袋まで行けない。。
という方も多いかと思います。
ミヤザワフルートアトリエ東京では配送によるリペアも受け付けています!
フルートでもどうやって送れば良いの?
フルートちょうど良い箱がない。。
というお問い合わせをよくいただきます。
今回は
『どんな箱でもフルート用の箱になる裏ワザ』をご紹介したいと思います!
スーパーなどでもらえる段ボール箱で大丈夫です。
こんな形でも大丈夫!

気をつける点は箱をつぶした状態で52cm以上あること!
※H管の楽器を送る場合は55cm以上になります。

フルートのケースの幅に線を引きます。
赤ペンで引いてみました。

対角にも同じようにケースの幅に線を引きます。
上から見るとこんな感じになります。

この赤線にカッターで少し切れ目を入れて折り曲げやすくします。
折りたたむ部分は完全に切ります。
そして組み立てると…

フルートが入る箱に大変身!
隙間ができる場合は新聞紙などを丸めて詰めましょう。

こんな感じの長細い箱になりました(*^^*)