クリスチャン・アートマン

Christian Artmann

[主な活動エリア]
[主な活動フィールド]
[使用楽器]
GS-Type2

ArtistPROFILE

ジャズフルーティスト

* 幼少の頃から、ドイツ・オーストリアでバッハの影響を強く受けて育ち、9歳にして初リサイタルを、10代でアスペン音楽祭(Aspen Music Festival)に招待された。
アスペンでは、世界的に有名な指揮者であるクラウディオ・シモーネ(Claudio Scimone)の指揮のもと、ドビュッシー、ヒンデミット、バルトークなどを演奏した。
* ハーバード法科大学、バークレー音楽大学卒。

* ニューヨークを中心に活動するフルート奏者・作曲家(現代ジャズ)でもある。
* ウィーンのコンチェルト・ハウス(Konzerthaus)や、パリ近くのジャンゴ・ラインハルトジャズフェスティバル(Django Reinhardt Jazz Festival)、その他ニューヨーク、ボストン、パリ、ウィーンのクラブでの演奏を行う。
* CD: "Living Room"(ジャズピアニストのフィリピン・デュシャトー(Phillippine Duchateau)とのデュオ)"Uneasy Dreams(2011)"(中心となって制作した最初のアルバム)"Fields of Pannonia(2015 Sunnyside Records)"(ピアノにグレッグ・カラー、ベースにヨハネス・ワイデンミュラー、ドラムにジェフ・ハーシュフィールドを起用)
* 米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP: American Society of Composers, Authors and Publishers)のメンバー