見落としがち!フルートにおけるお手入れの盲点 その2

2018年8月21日更新

こんにちは☀2回目になりますリペア室通信です。

最近とても暖かいので汗拭きタオルが欠かせません💦

もちろん毎日洗っていますよ。

えっ?そんなの当たり前ですって?

そうですよねー、ではお聞きします。

フルートのクロス洗っていますか?

その2
「クロスは週一回洗いましょう!」

今回も変色が気になる方にぜひやっていただきたいお手入れです。
変色の原因になるフルートに付いた皮脂(手汗や指紋)、休憩中や練習後にクロスで拭くことはとても大切ですが、肝心のクロスが皮脂を多く含んだ状態だと、きれいになったように見えても実は皮脂が拭き「取れていない」んです。

上画像のオレンジの線のような形で変色している楽器見たことありませんか?
これはクロスでちゃんと掃除しているにも関わらず、皮脂が拭き取れておらず、
トーンホール周りに溜まってしまった皮脂が変色の形を成しているのです。

【簡単!たった5分でできるクロスの手洗い方法】
①洗い桶に少し水をため、台所用洗剤(※1)を入れます。
②クロスをもみ洗いします。
③洗剤がしっかりなくなるまで水ですすぎましょう。
④全力で絞ったらハンガーにかけて部屋干し

※1 洗剤は中性(素材にやさしい)が望ましく、洗濯用洗剤でも中性であればOKです。台所用洗剤はそのほとんどが中性なので、分かり易く表記しました。

🔻 🔻 🔻 🔻 🔻 🔻 🔻 🔻 🔻

洗濯したクロスで楽器に付いた汗をしっかりと拭き取りましょう!

まとめ
クロスは週1回洗う!
・忘れんぼさんは2枚のクロスを一週間ずつ交互に洗って使いましょう(^^;)

ミヤザワフルートアトリエ東京にてクリーニングクロスを販売しています。
マイクロファイバーを使用した高性能クロスです。研磨剤等は含んでいません。
何回洗っても生地の性能が変わりません。ミヤザワのロゴ入り♪
気になる方は是非!

さらに、手汗や指紋が乾いてしまってクロスで拭ききれない、そんな方にはこちらをおすすめ❗

楽器を綺麗に保つ マウスピースクリーナー