梅雨前線停滞中

こんにちは、ミヤザワフルート飯島工場です★

梅雨前線が停滞しており、雨の日が続いています。

一昨日8日には、大雨特別警報が長野県の中部と南部に発令されました。

ご心配いただいた方々、ありがとうございました。

今朝の天竜川の様子です。

予報では、これからも雨の日が続くようですので、引き続き警戒していきたいと思います。

 

【新譜案内】日本フルートクラブ出版の楽譜を入荷しました!

こんにちは!

ミヤザワフルートアトリエ東京です🦋

新しく楽譜を入荷しましたので紹介いたします

今回は日本フルートクラブ出版の楽譜を多数入荷いたしました🎋💫🌛

・No.068 しぼめる花の変奏曲  / シューベルト

・No.069   シランクス  / ドビュッシー

・No.070   フルート協奏曲 1番 K313   /  モーツァルト

・No.071  ウンディーヌ  /   ライネッケ

・No.072  フルート協奏曲 ト短調 Op.29  /  シュターミッツ

・No.102  タンブーラン   /  ゴセック

・No.146  ハンガリア田園幻想曲  /  ドップラー

・No.230  ハバネラ形式による小品   /  ラベル

・No.266  独奏フルートのための虹の道   /  高橋曜子

・No.275  魔弾の射手による幻想曲   /  タファネル

・No.307  パンの笛 Op.15  /   ムーケ

以上の11冊です

🐟🐠🐡🦐🐋🐟🐬🐬🦀🦈

アトリエ東京にて販売しておりますのでお気軽にお問合せください🐳

通常レッスン・体験レッスン再開のお知らせ

日頃よりミヤザワフルートアトリエ東京をご利用頂き誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスによる感染拡大防止の為、
通常レッスン並びに体験レッスンを休講とさせて頂いておりましたが、
この度安心してレッスンを受けて頂くご用意が整いました為、
7月3日(金)より各レッスンを再開致します。

レッスンにおいての感染防止策
□ レッスン室内のこまめな換気・消毒
レッスンとレッスンの合間に換気の時間を設けています。
□ 飛沫感染防止シートの設置
講師と生徒様の間にシートを設置して飛沫防止に努めています。

ご来店の生徒様へお願い
□ マスク着用にてご入店をお願い致します。
□ ご自身およびご同伴者様に発熱や咳などの風邪症状がみられる場合、
もしくは感染者または感染が疑われる方との濃厚接触があった場合は
ご来店をお控え頂き、アトリエ東京までご連絡ください。
□ 店舗入り口に消毒液を設置しておりますので、手指の消毒にご協力をお願いいたします。

タンポが劣化すると・・・

こんにちは、アトリエ東京技術室です!

突然ですが皆様、「吹き始めはちゃんと音が鳴っていたのに30分くらい経つと急に鳴らない音が出てきた」という経験はないでしょうか??

今回はそのような症状の原因の1例をご紹介しようと思います!

原因のひとつとして考えられるのが、「タンポの縮み」です。

キィカップとタンポの間にはタンポ調整のための紙(調整紙)が入っています。

タンポ調整はとても繊細な作業で、用いられる調整紙は薄いもので約1/100mmという薄さのものもあります。

つまり、「1/100mmでも調整紙の厚さが狂うと調整が狂ってしまうことがある!」ということです!

タンポが縮んでしまうとキィカップの淵とタンポの間に隙間が埋まれ、そこからカップの内部に水分が浸透しやすくなります。

カップの内部に入り込んだ水分を調整紙が吸ってしまうと紙がふやけて膨張し、ふやけている状態の時だけ一時的に調整が狂って音が鳴りにくくなるという症状が出ます。

演奏を始めた直後は調整紙が水分を吸っていないのでちゃんと音が出るのに、管内の結露等で調整紙が水分を吸ってしまうと音が出にくくなり、数時間おくと水分が飛んで元の状態に戻るのでまた音が出るようになるのです!

タンポの縮が原因でこちらの症状が出た場合、基本的にはタンポをカップの大きさに合った新品の物に交換する必要があります。

身に覚えがありました場合、ぜひタンポの交換をご検討ください。

以上、リペア室通信でした!

セルフ修理の危険性

こんにちは、アトリエ東京リペア室です!

以前フルートに使われているネジについての記事でもお話いたしましたが、専門の知識や経験なしにご自身で楽器を弄ることには大変な危険が伴います。

メーカーごとに使っている部品が異なるため、部品の取扱い方だけでなく、それに合った工具も必要になります。

楽器に合った工具を適切に使用しないと楽器本体や部品に傷をつけてしまったり、最悪の場合壊してしまったりする危険性があります!

技術者によって多少異なりますが、普段出番の多いドライバーだけでもこれだけの種類があります。

先端の形状や長さ等、ひとつひとつに意味があります。

市販の工具はそのまま楽器に用いることが出来ない物がほとんどで、必要に応じて技術者は工具ひとつひとつに加工を施しています。

万が一ご自身で楽器を弄ってさらに症状が悪化してしまった場合、作業内容が増えることでお返しまでの納期が長くなったり修理代金が高くなってしまったりする場合がございます。

そして何より、大切な楽器に大きな負荷がかかってしまいます。

楽器の調子が悪くてお困りの場合はプロのリペアマンにお任せください!

アトリエ東京では6月1日より通常営業を再開しております!

修理や楽器の不具合のご相談は
メール repair@miyazawa-flute.co.jp
電話  0120-31-3830
までお気軽にご相談ください!

CD入荷しました!『赤木りえ/魔法の国の魔法のフルート』

皆様こんにちは!

本日は赤木りえ先生(ソリスト/AZ Special使用)の新しいアルバムの
リリース&入荷のお知らせです!

『魔法の国の魔法のフルート』

全盛時代のファニア・オール・スターズの立役者、ラリー・ハーロウをプロデューサーに迎え、
カリビアン・フルートの第一人者、赤木りえが、ラテン・ニューヨークの息吹を復活させた。
サルサ、レゲトン、アラブ、サザン・ロック・・・と、何でも有りのワンダーランド!
これぞ究極のミクスチャー。ゲストにベレーザも参加。熱狂はまだまだ続く‼(CDより抜粋)

〈収録曲〉
1.小麦色のお嬢さん(ジャム・セッション)
2.エリザベス・リードの追憶
3.ホワイト・バード(Vocal version)
4.スモーク・リングス・アンド・ワイン
5.シルトス
6.ミザルー
7.カルテーラ
8.SHI WA ZU
~Bonus Track~
9.ホワイト・バード(Flute version)

価格:¥2,750-(税込)

 

ミヤザワフルートアトリエ東京でも取り扱いがございます。
ご注文・ご質問等は弊社HP『総合お問合せフォーム』からが便利です!
是非ご利用ください。

ご愛顧感謝キャンペーン【6/1~6/30】



●キャンペーン概要

フルートの修理またはメンテナンスでアトリエ東京をご利用いただいたお客様全員に、ミヤザワオリジナルグッズ3点セットをプレゼントいたします。
フルートはミヤザワ製品でなくても大丈夫です♪ 配送でのご依頼も承っておりますので、ぜひこの機会に楽器メンテナンスをご検討ください。

●キャンペーン対象期間

2020年6月1日(月)~ 2020年6月30日(火)の間にアトリエ東京で楽器をお預かりした分が対象です。

●プレゼント商品

クリーニングクロス・ガーゼ・クリアファイルの3点セット

 

●メンテナンスご利用方法

🔷発送でのお申込み
アトリエ東京では毎日のようにメンテナンス完了品を全国各地へお届けしております。
メンテナンスをご希望の場合には、まず下のお申し込みフォームで事前にご連絡の上、楽器をお送りください(恐れ入りますが、送料はお客様のご負担となります)。
楽器が到着次第、担当技術者からお見積もりをご連絡いたします。
作業完了後は、代金引換での配送となりますので予めご了承ください。

*部品交換無しの定期調整であれば料金7,000~8,000円(送料込み)、仕上がりまで2~5営業日ほどいただいております。

フルートの送り方が分からない、適当な段ボールが見つからない場合はこちらをご参考にどうぞ→※梱包について

 

🔶アトリエ東京へのお持ち込み
定期調整は1本1時間枠の予約優先制で受付しています。
ご予約いただければ、お待たせすることなく1時間程度の仕上がり時間でお返ししております。

☆こちらのネット予約が便利です↓↓ 24H予約可能 推奨ブラウザ Chrome / Safari

お電話・メールでもお申込みいただけます(当日予約OK)。ご予約のない場合、当日中に楽器をお返しできないことがございます。また、楽器の状態によっては預かり修理となる場合がございます。予めご了承ください。

 

●プレゼントのお渡しについて

配送での修理の場合は、返送時に楽器と一緒に梱包させていただきます。
ご来店の場合は楽器お引取りの際に店頭にてお渡しいたします。
※プレゼントはお一人様1セット限りとさせていただきます。

●お問合せ先

ミヤザワフルート アトリエ東京
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-24-1 八大ビル6F
TEL:0120-31-3830
Mail:repair@miyazawa-flute.co.jp
営業時間:10:30~19:00(木・日を除く)

【アトリエ東京】6/1(月)営業再開と感染防止策についてのご案内

日頃より、ミヤザワフルートへのご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

アトリエ東京は、お客様ならびにスタッフの安全・健康を最優先事項とし、下記感染防止策を施した状態で 2020年6月1日(月)より営業を再開いたします。

感染防止策の実施中はお客様にご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

ご来店のお客様へお願い

□ なるべく少人数(1~2人)でのご来店をお願いいたします。
□ マスク着用にてご入店をお願い致します。
□ ご自身およびご同伴者様に発熱や咳などの風邪症状がみられる場合、もしくは感染者または感染が疑われる方との濃厚接触があった場合はご来店をお控えください。
□ 店舗入り口に消毒液を設置しておりますので、手指の消毒にご協力をお願いいたします。

店舗の感染防止策について

■ スタッフはマスクを着用いたします。
■ 従業員の健康管理については十分に留意し、発熱の症状がある従業員は勤務を控えます。
■ こまめな手洗い・うがい、手指の消毒を徹底します。
■ 試奏は短時間であっても全て個室にご案内させていただきます。そのため、順番をお待たせすることがございます。
■ 飛沫拡散防止シートをレジカウンターに設置いたします。
■ 展示、試奏、修理など全てのフルートはアルコール消毒を随時おこないます。
■ 店内の定期的な換気・消毒に努め、安心してご来店、試奏いただける環境づくりに努めます。

キイの間のホコリについて

こんにちは!アトリエ東京リペア室です (=゚ω゚)ノ

今日はフルートのキイの間のホコリについてお話をしたいと思います。

みなさんの中でもこの部分のホコリが気になっている方は多いのではないでしょうか?

お掃除したいけど、隙間が狭くてクロスで拭けない…

最初は綺麗だったのに、白いホコリが溜まってきてる…

みなさんだったらどうしますか?

今日は先に やってしまいがちな悪い例 から紹介します。

それは 綿棒など、細いものを隙間にいれて掃除をすること です。

この方法、確かにホコリは綺麗になりますがそれ以上に不具合を起こしてしまうリスクがとても高いのです!

先程の場所ですと、赤く記した箇所にキイを動かすためのバネがついています。

このバネが綿棒によって所定の位置からずれてしまったり、バネのはね返る強さを変えてしまうとキイが動かなくなってしまいます。

こうなってしまうとご自身では戻せないので、お金をかけて修理に出さなければなりません。

ではホコリを取るのにどうしたら良いのでしょうか

おすすめは…柔らかい筆を使う ことです。

100円ショップで売っているようなお絵かき用の筆で構いません。

お客様自身で、ホコリを取る方法です。

気になる箇所のホコリを、やさしく筆の先で掃き取るように動かしてみましょう。

筆だからといって押し込まないように注意しましょう。綿棒と同じ事がおきてしまいます

また裏技ですが 「メンテナンス時に技術者に相談する」というやり方もございます(`・ω・´)

ご自身でする場合は
・心配だったらやらない
・無理はしない
ことを鉄則にしてみましょう!

それでは、みなさま楽しいフルートライフをお過ごしください♪

初夏の風景

こんにちは。ミヤザワフルート飯島工場です★

山の雪解けが進み、すっかり初夏の装いになりました。

田んぼは水田になり、夜は蛙の大合唱が聞こえてきます。

季節の花が咲き、自然界はいつもの年と同じように廻っています。

飯島町の小学校と中学校は、5月18日から授業が再開されました。

町内各区の公民館も、【参加者が特定できる区民主体の少人数による密にならない利用のみ】という条件で、利用ができるようになりました。

徐々に日常が戻りつつあります。

第2波に備え、新しい生活様式に慣れながら、引き続き感染予防に努めてまいりたいと思います。

自然豊かな飯島町から世界に羽ばたくフルートを今日も手作りしています!